【シネマハウスのオーナーによる挨拶】



 初めまして新人監督の皆さん!
 私は当シネマハウスのオーナー、ギイ=ジュリアーノと申します。
 かつては映画関係の仕事に携わっていましたが、今は惑星パライソに移住してこの劇場を運営しています。新人監督がお困りの際の、簡単なアドバイスも承っていますよ。

 私は、コメディーや歴史映画を得意としていますが、新人監督の皆さんは、どういった作品が好みですか?

 

 ラブロマンス、SF、ホラー、軍人映画やコメディー。
 パライソには、どんなジャンルでもこなしてくれる、素敵な女優が三人も住んでいます。
 ベテランの女優に新人、子役時代からのスター。貴方の選んだ主演は、どんな映画を彩ってくれるでしょうか?
 もちろん、あまりお勧めはしませんが、ポルノ映画も…撮影を引き受けてくれるかもしれません。

   

 おっと、失礼。
 君は、25年前に私の元へやってきた、ベテランの監督だったかな?
 ネクタイが曲がっているようだね、少し大人びた顔つきになったかな。それとも、私の事なんて、忘れてしまっていたかもしれないね。

 

 でも、私たちは君の事をずっと覚えているよ。スタッフに怒られ、助演に怒鳴られながらも、君は、……メガホンを離そうとはしなかったね。
 もしかしたら、映画を作るのをサボって、女の子との逢瀬を楽しんだ監督も居たのかな?

   

   さて、25年ぶりの監督さんも、新人の監督さんにも、この言葉を伝えて、私からの最初の……いや、久しぶりの挨拶としようか!


 ようこそ、シネマハウスへ!


システム概要  ・住民の紹介  ・女優プロフィール

[ Back ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ戻る